茶色のうさぎ

    健康的に長く生きるのに

    フェレットもうさぎも、基本的に犬や猫ほど寿命が長い生き物ではありません。フェレットだと最近は少し寿命が延びてき...

    Readmore
    小さいうさぎ

    不調を出さない

    予防接種や健康診断は受けておくに越したことはありませんが、大抵の場合やはり病気や怪我をしてから結局動物病院にか...

    Readmore
    耳がたれたうさぎ

    かかりつけ医を持とう

    普段体調が悪くなった時にいつも見てくれるかかりつけ医を持っている人は多いかと思います。色んな病院を転々として、...

    Readmore
茶色のうさぎ

フェレットもうさぎも、基本的に犬や猫ほど寿命が長い生き物ではありません。
フェレットだと最近は少し寿命が延びてきたと言われており、本当に長生きする子は10年~15年生きることもありますが、一般的には6年~8年とされています。
またうさぎはその間、約7年ほどで寿命がくるとされており、どちらも長く生きるとは言えない生き物です。 (さらに…)

うさぎの形の和菓子

動物病院と言うのは病気、そして怪我など、フェレットやうさぎなどが不調の時に連れて行く場所、と考えている人も多いかと思います。
ですが、動物病院というのは対象動物であれば診るだけでなく飼育に関する相談に乗ってくれる場所でもあります。
あまりにも気性が荒くてどう接したら良いのかわからない時や、あまりご飯を食べてくれないなど、インターネットや本で対応策を調べてみるものの書いてあることが違いすぎて何を信じれば良いのかわからない、そんな時はプロにアドバイスを受けるのもまた一つです。 (さらに…)

小さいうさぎ

予防接種や健康診断は受けておくに越したことはありませんが、大抵の場合やはり病気や怪我をしてから結局動物病院にかかることは多いです。
ですが、知っておきたいのは、フェレットやうさぎなど、動物というのはそもそも不調をあまり表に出さない生き物だという点です。
病気や怪我というのは自然界で言えば弱点でしかなく、外敵から身を守るためにはそういった不調を悟られないことが大切になります。 (さらに…)

青いうさぎ

予防接種も大切ですが、それと同じくらい、健康診断も大切です。
人間でもそうですが、病気というのはわかりやすく自覚できる症状が出ることもあれば、知らず知らずのうちに進行して行ってしまい、取り返しのつかないところまで行って初めて病気に気づくということもあるほどです。
(さらに…)

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031